スマホ修理を修理に出す前に気をつけたいこと

スマホ修理を修理に出す前に気をつけたいこと

バックアップをとっておくこと

スマホの画面が割れてしまった方やバッテリーの持ちが悪いからバッテリーを交換して欲しい方など、スマホが壊れてお店に修理をお願いする時には注意が必要です。まずは、お店に持って行く前にデータのバックアップを取るようにしましょう。スマホをお店で修理する時には、データの流失を防ぐための対策として、端末のデータが初期化される可能性があります。壊れていても多少動くようなら端末や利用状況に合わせてバックアップを取っておくことが大切です。バックアップの方法は、SDカードに保存することやGoogleアカウントと同期させること、iTunesやiCloudと同期させることがあげられます。端末によって出来る保存方法は違うため普段から確認しておくと良いでしょう。また、壊れた端末が動かなくなってはバックアップを取ることも出来ません。万が一のことも考えて日ごろからこまめにバックアップをとるように習慣づけることも大切です。

パスワードを控えておく

スマホを修理に出した時に万が一、データやアプリが消えてしまえば、アプリをもう一度インストールする必要があります。各種SNSや常時使っているアプリのパスワードはメモしておくようにしましょう。近年のスマートフォン向けのアプリではログイン時にログインIDとパスワードが求められます。登録した情報が分からずにデータを戻すことが出来ないというようなことがないように、日頃から気をつけておくようにしましょう。スマホが壊れてしまって動かなくなるとパニックになってしまうこともあるでしょう。万が一の時に備えて、出来る準備は普段から行っておくことが大切だと言えます。

バッテリーが最近消耗しやすくなったと感じたら、スマホ修理の京橋店を利用する手段があります。新品の内蔵電池に交換してもらえば再び安心してスマホが使えます。