マーケティングオートメーションとは?ちょっとした知識として知っておきたい!

マーケティングオートメーションとは?ちょっとした知識として知っておきたい!

人力だけでは煩雑なマーケティング活動の助っ人!

商品を購入してもらうには、適切な手法によってまずは見込み客を開拓しなければなりません。セミナーやアンケートなどで獲得した見込み客、もしくは商品購入して顧客となった後も、会社はアプローチを続け、興味をひき、自社商品から離れないように意欲を育成していく必要があります。お客様は、放置すれば離れていくでしょう。そうならないように、開拓方法からその後の有益なアプローチとアクション方法を可視化、自動化するツールが「マーケティングオートメーション(略してMA)」です。

自社から離れないでもらいたい。そのためには?

商品購入してくれそうな見込み客を、顧客まで引き上げたい。その育成のために行われる手法のことを「リードナーチャリング」といいます。個々のお客様に対して、興味を継続してもらう方法の選択や適切な時期などを導き出します。商品購入に至るまでは、本来は営業担当者が個々の見込み客へ途切れることなくアクションを起こしていく必要がありますが、人力だけでは限りがあるので「買ってくれそうなお客様」にだけアプローチを続ける事になりかねません。それでは放置された見込み客は他社へ流れてしまうので、「リードナーチャリング」によりSNS、セミナー、メール等で余すところなくアプローチが行われます。

実際に導入するのは簡単なの?

マーケティングオートメーションを導入するには、相応の既存データが事前に必要なことに加えて、構築に対して安くはない費用がかかります。事業の規模によっては、果たして導入が適切かどうかを事前にきちんと検討する必要があります。

マーケティングオートメーションは、多くの顧客に選ばれる商品やサービスを生み出したり、営業活動を効率化したりするうえで活用できます。